レンタルドレスのメリット

近年、「レンタル」は「賢さ」だと認識されるようになりました。住居は資産となりますから、持ち家にするか賃貸にするかは意見が分かれますが、生活に欠かせないものだけれど高額な生活用品はレンタルにする傾向があるのです。

例えば車。地方の方々にとっては交通手段として必需品ですが、交通網が発達している都市生活者にとっては、高額な駐車場、保険、車検、定期的な修理代、ガソリン代、日々の手入れ等を考えると、必要な時に借りるレンタカーのほうが安価で、面倒がありません。家族に障害者がいる等、どうしても必要があって車を持つこと以外、自分の車を持つというのは、趣味の実現か一種のステイタスの問題で、自己満足に過ぎないとも言えるのではないでしょうか。

これがドレスにも当てはまります。年に一度か二度、いえ数年に一度くらいしか出番はないのだけれど、その大切なシーンでは、どうしても必要なドレスです。自前を着るか、レンタルにするか、有り余るお金持ちは別にして、買うより借りる、つまり、レンタルドレスを活用することのメリットには、計り知れないものがあります。ちょっとした自尊心の壁を乗り越えれば、自由に、自分好みの美しいドレスを着ることができるのです。

一番のメリットはレンタルドレスには種類が多いということ。

二番目はコーディネイトされた一式が手元に届くこと。

三番目にメンテナンスが一切不要、クローゼットがすっきりすること。

四番目が何といっても安価であること。

エンパイアライン

スカートの切り替えしが、胸のすぐ下から始まっているラインで、古代ギリシャによく出てくるデザインです。
裾の広がりは、Aラインやスレンダーラインに似ているものがありますが、切り返しの違いでカジュアルな雰囲気があります。
エンパイアラインは、ウエストラインが気になる方や、脚を長く見せたい方におすすめです。

エンパイアラインのドレスは、ちょっとカジュアルむきですので、かわいらしさが映えるガーデンウェディングに向いています。

30代の結婚式ドレス

 女性として成熟し可愛らしい20代から品のある30代へと移り変わっていく女性たち。どんどんと大人の色気が出てくるような年齢です。この可愛らしい女性から美しい女性へと進化していく30代には、友人知人などの結婚式が催されることが多くなってきます。近年晩婚化が進んできている影響で、20代よりも30代で結婚する女性たちが増えてきているのが原因でしょうか。その30代で結婚式にお呼ばれした時にはただ可愛いらしいだけでなく、季節感やその時々の流行を意識した年相応のおしゃれが求められます。まだ、華やかだった20代と比べて常識のないドレスや安物のドレスは30代の美しい女性には似合わずあまり許されないでしょう。艶もなく品のない最悪な印象の女性には新たな出会いも難しいかもしれません。

 結婚式の披露宴やその二次会などでは新郎新婦の友人が沢山いらっしゃるもの。もしご友人の結婚式にご出席されるなら、新婦の友人は同年代の初対面な男性ばかりでしょう。友人の結婚式で出会いなんて…。と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、結婚式という祝いの場で新たな出会いが生まれるのはなんと喜ばしいことでしょうか。きっと新郎新婦も歓迎してくれるに違いありせん。

 しかし、結婚式にご友人の出席するときに同席するのは同じ友人同士でしょう。そうした方たちにまた同じドレスを着ているとは思われたくない。でもドレスは高い。とう言うときのために、毎回異なったドレスを着ることができるレンタルドレスはいかがでしょうか。

 ここでは大人の色気がたっぷりと出せるような、なおかつ結婚式という場にあったドレスの選び方をご紹介します。

ドレスによく合う宝石のカット

宝石が美しく見えるために傷が大きく影響しています。ダイヤモンドもエメラルドでもカットされることで宝石としての美しさが引き出されます。宝石は、長い間、人々を魅了してきたが、その過程で様々なカット方法が開発されてきました。ドレスに合う宝石もカットの仕方で大きく印象が変わります。
特にダイヤモンドカット方式で信じられないほどの光沢に差が出てくることができ、ダイヤモンドの選択は、カットも重要になるでしょう。
多くのダイヤモンドカットの方法の中で最も有名なのが「ラウンドブリリアント卜カット」です。これは、海外の研磨社絞っダイヤモンドを最も美しく輝かせるカットで、現代でも広く使用されています。ラウンドブリリアントカットが付いている理想的な比率は、評価の基準にもなるほどです。最近では、ラウンドブリリアント卜カットと一緒に素敵な形という形も結婚指輪に人気です。ラウンドブリリアント卜カットにあうウェディングドレスはAライン、プリンセスライン、スレンダーライン、エンパイアライン、マーメイドライン、ロングトレーンと何にでもあいます。

結婚式の二次会

披露宴が親族・近親者のみで行われる場合など、二次会だけ参加するという方も多いでしょう。
一次会である披露宴と比べると、結婚式の二次会は、会場の雰囲気も参加者へ求められるドレスコードもだいぶ緩やかなものとなるのが通常です。

とはいえ披露宴に出席後、着替えることなくそのまま二次会へ向かうゲストも少なくありません。
いくら会自体のドレスコードが緩くても、あまりにも露出が激しいなどの派手すぎる服装や、どう見ても普段着のようなカジュアル過ぎる服装で参加しては場違いと思われ、良くない印象を与えることにもなりかねないでしょう。
マナーを守って上品さを残しつつ、華やかさを加えていくのが、コーディネートのポイントです。

おすすめは、披露宴に出ても問題ないようなデザインの華やかめなパーティドレスとボレロやショールとの組み合わせをベースにしつつ、小物やアクセサリーでテイストを変えていくコーディネート。
披露宴と同様に白いドレスは花嫁だけに許されるアイテムであるため、ゲストが白や白っぽいパーティドレスを着るのは絶対にいけません。
ただし二次会では披露宴と違い、多少の光り物はOKとされています。
さすがにスパンコールで全身キラキラ光るような主張の激しいデザインは控えたいですが、パール以外のジュエリーやラインストーンやゴールドなどをポイントでネックレスやイヤリングなどに使うことで、華やかな雰囲気をかもしだすことができるでしょう。

ドレスコードやマナーについて

ドレスコードやマナーにより、ドレス選びには制限が出てきます。

また、注意すべき点が多過ぎて、面倒に思う方もいるかもしれません。

なぜ、これらを守らなければならないのでしょうか?

 

マナーとは作法のことですが、相手に対して思いやりを持つことでもあります。

主催者には、会を開き、招待してくれたことへの感謝を伝えましょう。

ドレスコードやマナー違反は、主催者が恥ずかしく思ってしまいます。

また、相手の意思を軽んずることにも繋がります。

せっかくの晴れの日でも、それでは残念な思い出になってしまうでしょう。

 

パーティーは、豪華な会場や、素晴らしい料理、プログラムだけでは成り立ちません。

主催者と参加者、会場運営者など、人が集まって完成するものです。

その場の雰囲気に合わせ、主催者と参加者が一体となり、会を作り上げる必要があります。

 

例えば、結婚式や披露宴は、新郎新婦をお祝いするおめでたい場です。

多くの参加者が華やかなカラーのドレスを着用すれば、会場がとても明るくなります。

会場に華を添えることができるでしょう。

それとは逆に、葬儀ではブラックフォーマルなどの暗く地味な服装で、故人を偲びます。

明るく派手な服装では、喪に服しているとは言えません。

 

謝恩会では、恩師などに感謝の気持ちを伝えるため、目上の方が不快にならないよう過度な露出は避けます。

このように、服装で気持ちを表現するのです。

 

たった一人でもドレスコードを違反していれば、浮いて目立ってしまいます。

悩んで不安に思う時は、本やインターネットで調べたり、ドレスショップの店員さんなどに相談してみましょう。

きちんとドレスコードやマナーを守った上で、おしゃれを楽しみましょう。

妊娠中のドレスはどうやって選んだら良い?

「結婚式に呼ばれたんだけど、妊娠中だし、マタニティドレスなんて買ったことないし……。」
とドレス選びで悩んでいる妊婦さんも多いのではないでしょうか?
今までお呼ばれされたときに使っていたものだと、正直言ってサイズがキツいと思います。
妊娠中なら専用のマタニティドレスを着て行くのが一般的ですが、どれを選ぶのが正解なのかって、なかなか分かりませんよね。
もちろん妊娠して割と初期の段階であれば、通常のドレスでも構いません。
おなかを締め付けすぎないものなら、自分好みのデザインから選ぶと良いでしょう。

問題は、妊娠してそれなりに経った頃。だいたい半年も経つと、すっかりおなかも膨らんできます。
さすがにこの段階では普通のドレスは使い物になりません。マタニティドレスの出番です。
おなか周りはもちろん、太ももや腕のサイズも確認し、ややゆったり目のものを選びましょう。
とはいえマタニティドレスは年々変化しており、胸まわりだけは細く見せようという趣旨のものも多いです。
妊娠するとバストサイズは多かれ少なかれアップしますし、胸がキツくて苦しくなってしまうことも。
おなかばかりに気を取られ、バストがキツくならないか必ずチェックしておいてください。

妊娠して10か月もすれば、おなかもかなり大きくなっているはずです。
出産が近いということもあり、おなかをあまり刺激しないように工夫しないといけません。
おなかが目立たないようにと、変に頑張ってしまい、式の終わりまで苦しい思いをするのも避けたいですよね。
ゆるゆる過ぎてしまうのも考え物ですが、体を動かしたときに抵抗の少ないものを選ぶのがベストです。
マタニティ用のレンタルドレスもおすすめですよ。

セッティングを知る

ドレスにはたくさんのデザインがあります。また指輪にもさまざまなデザインが生まれたことで、結婚指輪にもさまざまなスタイルが確立されはじめています。
中でも、指輪に石を留めつける「セッティング」は、指輪のメーン部分といってもいいくらい重要な要素です。


セッティングにもさまざまなスタイルがありますので、ドレスと同様に自分に合うものを探しましょう。


セッティングは、よりスマートなデザインを生み出すためにジュエラーから発信されることが多いそうです。有名なものでいうと立て爪を洗練させたセッティングがあります。ぱっと見は同じデザインのダイヤモンドリングでも、留め方が変わるとイメージも大きく変わることがありますので非常に重要といえます。石を留めつける爪の部分をどのようにするかという問題は、多くのジェエリー職人の頭を悩ませています。手の形や指の長さなどで似合うセッティングは変わるため、いろいろな試して自分に最も似合うものを見つけるのがオススメです。また、言うまでもありませんが、購入にあたっては精巧にセッティングが行われているかどうかを確認しましょう。代表的なセッティングにテンションリングというものがあります。どいつでかんがえられたセッティングで、ダイヤモンドに最大限、光が入るようにプラチナの張力を利用し、アームの2点だけで石を支えます。ドレスの知識と同時に指輪の知識も増やしていきましょう。

結婚式のドレス

白ドレスは花嫁さんの色なので結婚式に参加する時には白いドレスは避けましょう。クリームベージュやシルバーなどのドレスも、明るい色の小物と合わせると全身が白っぽい服装に見えるので避けましょう。 また、黒ドレスに一連のパールネックレス、全身黒の服装は「喪服」をイメージさせるので、結婚式ではこれもだめです。 結婚式や昼の披露宴では、ミニ丈、胸の谷間を見せる襟ぐり、太ももまでのスリットなど、露出が多いものもさけたほうがいいです。こういったドレスの相談もレンタルドレスのプチラパンで可能です。

ウェディングドレスとサムシングオールド

ヨーロッパに伝わる花嫁が幸せになるために結婚式で身につけるもの。なかでも、何か一つ古いものを意味するサムシングオールドはその一つです。
祖先から伝わる指輪やレースなどをウエディングドレスと一緒に身につける場合もあります。特に、経済的豊かさを願う意味合いがあり、母や祖母から宝石などを譲り受けることが一般的です。

サムシングオールドの他に、青いものを身につけるサムシングブルーなどもあります。基本的なヨーロッパのならわしですが、日本でも、取り入れる花嫁もいるようですよ。