結婚式のドレス

結婚式では、どのようなドレスを着ていけばいいのでしょうか。最近ではドレスもレンタルできるのでコーディネーターにレンタルドレスを選んでもらえば安心ですが、自分でも結婚式で大丈夫なドレスレンタルと避けた方がいいドレスレンタルの知識をつけておきましょう。まず、全身が真っ白になってしまうドレスは避けた方がいいです。なぜなら結婚式の主役の花嫁さんが白のドレスを着ているのでかぶってしまいますよね。クリームやシルバー系もなるべくなら避けましょう。あくまでも主役は花嫁さんです。また、逆に黒いドレスも避けたい色です。全身が黒いと幸せな結婚式よりもお葬式などの喪服になってしまいますよね。あとは、露出が多いデザインもさけましょう。肩を出したり胸の谷間を見せたり一般的なマナーとして避けるべきです。

いろいろと細かな気を付けなければいけないことがありますよね。まずは、何色のレンタルドレスにするか決めましょう。結婚式で定番なのがネイビー色のレンタルドレスです。30代に人気があります。派手すぎず、でもその中でデザインがオシャレで上品なものを選んでおけばまずはずしません。派手ではないけれどお洒落であることがポイントです。エレガントなデザインの、落ち着いた品のあるドレスなどもいいでしょう。また、女性らしいピンクのドレスも大人気です。特に20代には若さを引きだたせる美しいクランベリーピンクが人気です。30代にはベージュピンク、40代は上品な桜ピンクが人気のピンクのドレスとなっています。ピンクのレンタルドレスは、着るだけで華やかな雰囲気になり、女性の可愛さを一番ひきだたせてくれます。

ベージュのドレスはどうでしょうか。この色のレンタルドレスも30代から40代の女性にとても人気があります。肌が明るく見えて柔らかい印象があります。女性に大変人気のあるカラーです。結婚式では避けたい白っぽさがありますが、うまく黒の羽織りものやバッグとの組み合わせれば大丈夫です。相性がいいベージュと黒の組み合わせは、年齢問わずみんなから支持される定番のスタイルです。エレガントな印象で仕上げることができます。

結婚式に着ていくドレスに迷ったらレンタルドレス専門店に効いて見ましょう。プロのコーディネーターがあなたにあうレンタルドレスを提案してくれます。おすすめのレンタルドレス専門店をご紹介しておきます。
おすすめサイト:レンタルドレスのプチラパン | 結婚式やパーティーのドレスレンタル