セッティングを知る

ドレスにはたくさんのデザインがあります。また指輪にもさまざまなデザインが生まれたことで、結婚指輪にもさまざまなスタイルが確立されはじめています。
中でも、指輪に石を留めつける「セッティング」は、指輪のメーン部分といってもいいくらい重要な要素です。


セッティングにもさまざまなスタイルがありますので、ドレスと同様に自分に合うものを探しましょう。


セッティングは、よりスマートなデザインを生み出すためにジュエラーから発信されることが多いそうです。有名なものでいうと立て爪を洗練させたセッティングがあります。ぱっと見は同じデザインのダイヤモンドリングでも、留め方が変わるとイメージも大きく変わることがありますので非常に重要といえます。石を留めつける爪の部分をどのようにするかという問題は、多くのジェエリー職人の頭を悩ませています。手の形や指の長さなどで似合うセッティングは変わるため、いろいろな試して自分に最も似合うものを見つけるのがオススメです。また、言うまでもありませんが、購入にあたっては精巧にセッティングが行われているかどうかを確認しましょう。代表的なセッティングにテンションリングというものがあります。どいつでかんがえられたセッティングで、ダイヤモンドに最大限、光が入るようにプラチナの張力を利用し、アームの2点だけで石を支えます。ドレスの知識と同時に指輪の知識も増やしていきましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *