ドレスコードやマナーについて

ドレスコードやマナーにより、ドレス選びには制限が出てきます。

また、注意すべき点が多過ぎて、面倒に思う方もいるかもしれません。

なぜ、これらを守らなければならないのでしょうか?

 

マナーとは作法のことですが、相手に対して思いやりを持つことでもあります。

主催者には、会を開き、招待してくれたことへの感謝を伝えましょう。

ドレスコードやマナー違反は、主催者が恥ずかしく思ってしまいます。

また、相手の意思を軽んずることにも繋がります。

せっかくの晴れの日でも、それでは残念な思い出になってしまうでしょう。

 

パーティーは、豪華な会場や、素晴らしい料理、プログラムだけでは成り立ちません。

主催者と参加者、会場運営者など、人が集まって完成するものです。

その場の雰囲気に合わせ、主催者と参加者が一体となり、会を作り上げる必要があります。

 

例えば、結婚式や披露宴は、新郎新婦をお祝いするおめでたい場です。

多くの参加者が華やかなカラーのドレスを着用すれば、会場がとても明るくなります。

会場に華を添えることができるでしょう。

それとは逆に、葬儀ではブラックフォーマルなどの暗く地味な服装で、故人を偲びます。

明るく派手な服装では、喪に服しているとは言えません。

 

謝恩会では、恩師などに感謝の気持ちを伝えるため、目上の方が不快にならないよう過度な露出は避けます。

このように、服装で気持ちを表現するのです。

 

たった一人でもドレスコードを違反していれば、浮いて目立ってしまいます。

悩んで不安に思う時は、本やインターネットで調べたり、ドレスショップの店員さんなどに相談してみましょう。

きちんとドレスコードやマナーを守った上で、おしゃれを楽しみましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *