結婚式の二次会

披露宴が親族・近親者のみで行われる場合など、二次会だけ参加するという方も多いでしょう。
一次会である披露宴と比べると、結婚式の二次会は、会場の雰囲気も参加者へ求められるドレスコードもだいぶ緩やかなものとなるのが通常です。

とはいえ披露宴に出席後、着替えることなくそのまま二次会へ向かうゲストも少なくありません。
いくら会自体のドレスコードが緩くても、あまりにも露出が激しいなどの派手すぎる服装や、どう見ても普段着のようなカジュアル過ぎる服装で参加しては場違いと思われ、良くない印象を与えることにもなりかねないでしょう。
マナーを守って上品さを残しつつ、華やかさを加えていくのが、コーディネートのポイントです。

おすすめは、披露宴に出ても問題ないようなデザインの華やかめなパーティドレスとボレロやショールとの組み合わせをベースにしつつ、小物やアクセサリーでテイストを変えていくコーディネート。
披露宴と同様に白いドレスは花嫁だけに許されるアイテムであるため、ゲストが白や白っぽいパーティドレスを着るのは絶対にいけません。
ただし二次会では披露宴と違い、多少の光り物はOKとされています。
さすがにスパンコールで全身キラキラ光るような主張の激しいデザインは控えたいですが、パール以外のジュエリーやラインストーンやゴールドなどをポイントでネックレスやイヤリングなどに使うことで、華やかな雰囲気をかもしだすことができるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *