ストーンステーキ

鉄板やアミ焼きのバーベキューに飽き たら、ワイルドで豪快な 石焼きのバーベキュー「ストーン・ステー キ」に挑戦してみよう。 用意するものは、焚き火台と石。 石は厚みがあり、なるべく平らな ものを選びたい。石のなかには、 火にかけると割れるものもあるし、 大きすぎると運ぶのが大変になる。 手で持てる程度の大きさの石を、 213個用意しておいて試すとい いだろう。 今回使ったのは、山で拾った石 と溶岩。山の石はずしりと重く、 熱を蓄える力は十分。油を吸収し ないので、ごま油や牛脂など、独 特の香りを生かしたバーベキューが楽し める。重く、移動しづらいため、 熱する前に針金を巻いて、取っ手 を作っておくといい。 溶岩は、小さな気泡が無数に聞 いているから、山の石よりも軽い。 この気泡があることで、肉の余分 な脂が落ちて、サツパリと味わえ使用前はどちらもよく洗って細 かい土を取り除き、よく乾かして から使うようにしよう。 石は、焚き火でぬ分11時間ほ ど焼く。このとき、薪から煙や炎 が出ていると、石がススで黒くな ってしまうので、おき火で上下か ら熱するようにしよう。 石の温度は、石から5mほどの 高さで5秒以上手をかざせない状 態になったら、焼きごろだ。